代表的な角膜の疾患

点状表層角膜炎
角膜上皮(角膜の最表層)に点状に生じる多発性の上皮欠損です。さまざまの原因で発生します。
症状…充血,異物感,流涙など
角膜びらん
角膜の表面の上皮が部分的にとれた状態を「びらん」と言い、角膜の表面が浅く傷ついている状態です。
症状…充血、痛み、異物感、なみだ目など
角膜潰瘍
感染その他の原因により、角膜の実質と呼ばれる組織にまで病気が及び、角膜の透明性が失われた病態です。
症状…痛み、なみだ目、充血、視力低下など
角膜混濁
炎症,変性,沈着物などにより、角膜の透明性が失われます。混濁した部位が視界に入らなければ、自覚症状がないこともあります。
症状…視力低下など
角膜ヘルペス
単純ヘルペスウイルスによる角膜感染症です。幼児期に感染した水痘を引き起こすウイルスが、身体の弱ったときなどに再発する事による発症が多く、失明に至ることもあります。
症状…眼痛、なみだ目、充血、視力低下など
アカントアメーバ角膜炎
アメーバの一種であるアカントアメーバが角膜に感染して起こる病気。
症状…充血、疼痛、視力低下。最悪の場合、失明に至る。
角膜ジストロフィー
白い不透明な無機物が角膜に沈着して両目の角膜が白濁する遺伝性の病気です。左右の目の同じ位置に、対称的に白濁点が現れます
症状…角膜全体がくすんだり、青みがかって見えます。
円錐角膜
角膜が円錐状となり、屈折力に大きな変化を起こします。角膜移植が必要になる場合もあります。
症状…視力低下など
ドライアイ(乾性角結膜炎)
涙の分泌量が減少することにより、角膜(眼の表面の透明な部分)や、結膜(角膜の周りやまぶたの裏)が、炎症を起こす病気です。
症状…乾燥感、異物感、充血、眼精疲労など
角膜デルモイド
角膜の中央に白色の円形の腫瘍ができる病気です。腫瘍の表面に毛を認めることがあります。
症状…デルモイドが大きいと乱視が強くなり弱視になることがあります
角膜実質炎
目が炎症をおこして、角膜の深いところ(実質)の全体が濁り、虹彩炎をともないます。代表的なものは、先天梅毒と結核によるものです。
症状…視力低下、充血など
角膜異物
黒目にごみがついたり刺さったりすることで起こります。早急に異物を除去し、感染を防ぐことが重要です。
症状…異物感、眼痛など
角膜輪部フリクテン
角膜輪部フリクテンとは、角膜輪部(黒目〈角膜〉と白目〈結膜〉の境界部分のこと)に、小さな白い膨らみが水泡のようにできる病気。
症状…異物感、眩しい、なみだ目、痛みなど
タイゲソン角膜炎
タイゲソンという人が発見した角膜炎です。なんらかのウィルス感染が関係しているとも言われていますが、はっきりした原因はわかっていません。
症状…異物感、眩しい、しゅうめい感、流涙、軽度の視力低下など

角膜治療担当医師

▼常勤医師

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名