検査機器について

  • オーブスキャン(角膜形状解析装置)

    目の屈折の大半を角膜という組織が担っています。肉眼では把握できない角膜の形状をビデオカメラで撮影し、コンピュータ解析する装置が角膜形状解析装置です。
    この装置は角膜乱視の測定やコンタクトレンズのフィッティングシュミレーション、更には円錐角膜(角膜が前方に突出する病気)等の早期発見を目的として使用されています。
    角膜表面だけでなく角膜の裏側のカーブ(曲率)や凸凹の具合、角膜の厚みなど角膜の形状を詳しく、多角的に解析し、カラーマップで表示します。
  • オーブスキャン
  • スペキュラ(角膜内皮細胞検査)

    角膜内皮細胞は角膜の透明性に関与する細胞です。内皮が強く障害を受けると細胞が減少し角膜が白く濁ってきたり、眼の手術が必要な時にその手術が出来なくなってしまいます。
    白内障術やレーシックなどの予備検査とそれら術後の定期検査に実施致しております。
    当院ではスペキュラマイクロスコープという機械を使って角膜内皮を撮影し検査をいたします。
  • スペキュラ
  • 細隙灯顕微鏡検査(スリットランプマイクロスコープ)

    スリットランプマイクロスコープによる前眼部(角膜・結膜等)の観察。
    角膜や結膜、水晶体、虹彩、硝子体の前部などの状態を観察する検査です。

    提供メーカー
    株式会社タカギセイコー
    http://www.takagi-seiko.co.jp/index.html
  • 細隙灯顕微鏡検査

角膜治療担当医師

▼常勤医師

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名