スペキュラ(角膜内皮細胞検査)とは

  • 角膜内皮細胞は角膜の透明性に関与する細胞です。内皮が強く障害を受けると、細胞が減少し、角膜が白く濁ったり、眼の手術が必要な時にその手術が行えなくなることがあります。
    主に、白内障の手術やレーシックなどの予備検査、それら術後の定期検査として実施致しております。
    当院ではスペキュラマイクロスコープという機械を使って角膜内皮を撮影し検査をいたします。気になる方は是非ご相談ください。
  • スペキュラ

スペキュラ(角膜内皮細胞検査)の画像

スペキュラ

細胞数
(1ミリ四方あたり)
結果
A:2500以上 問題ありません。引き続き定期検査を受けてください。
B:2000~2500 使用方法、コンタクトレンズの種類によっては注意を要します。
C:1500~2000 要注意です。コンタクトレンズの連続装用は不可。決められた1日の装用時間を厳守してください。
D:1500以下 このままコンタクトレンズの装用を続けると、重篤な障害を起こす可能性があります。
提供メーカー
株式会社トプコン
http://www.topcon.co.jp/

角膜治療担当医師

▼常勤医師

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名